この度、「直傳靈氣セミナー」を開催することになりました。セミナー開催にあたり「直傳靈氣」についてご説明致します。
   現在日本におけるレイキの主流は99.9%が西洋レイキです。しかし、靈氣とは本来日本発のヒーリングです。かつて 西洋から靈氣が世界に広められるとき、日本にはすでに「靈氣継承者は存在しない、だから西洋レイキこそが、唯一レイキを継承している。」とされていました。そこで日本に逆輸入された頃は、日本人がアメリカに学びにいったそうです。しかし日本にも、靈氣継承者は存在していたのです。
  まず肇祖臼井甕男が創設した臼井靈氣療法学会を継承している組織が存在していました。しかし、このグループは普及活動はほとんど行っておらず、今日までその存在も知られていませんでした。もう一つは臼井甕男の直弟子林忠次郎が伝授した弟子の存在です。海外にレイキを広げたハワイ在住の日系人高田はわよ女史は彼の直弟子です。高田はわよ女史は医師に余命幾許もないと宣告され、日本に里帰りしたときに、靈氣に巡り逢い奇跡的に救われました。その後ハワイに帰り、ヒーリング・クリニックを開設し、死去するまでの間に二十二人の指導者を養成しました。つまり現在の西洋レイキの原点は、高田はわよ女史からスタートしたのです。
  私の母、山口千代子もおよそ六十数年前(1938年)、高田はわよ女史と同じ林忠次郎直傳の靈氣を学び、現在も靈氣療法をつづけております。
   私は子供の頃から靈氣で育てられ風邪、頭痛、ケガぐらいは母の靈氣で簡単によくなるという経験は豊富にあり、靈氣の有効性は充分に理解していました。母の記憶を紐解いて古い資料や写真を整理していると母に靈氣を靈授した人は、西洋レイキの原点である、林忠次郎だと解りました。ある日東京で、あるセミナーに参加した時に、参加者の中に西洋レイキのティーチャーがおられました。その人から西洋レイキの現状を詳しく教えられ、レイキ愛好者の多さに驚くと共に、エネルギーヒーリングが現代社会に認知されてきたことを実感しました。その後そのティーチャーの紹介で、有名なレイキマスターが母を訪れ、中には海外からも林忠次郎直傳靈氣継承者の母を訪ねて多くの人が来ました。
  ある西洋レイキのティーチャーの方から日本に伝わる伝統靈氣の流れと現状を詳しく教えて頂きました。母を訪ねられた方から母の存在が大変貴重であり、「このまま埋もらせてしまうのは惜しい」と言われました。「西洋レイキの影響を全く受けていない直傳靈氣を、多くの人に伝えてほしい」とも言われました。それから一年のあいだ、度々問い合わせがあり、一部の人には靈授をして喜ばれました。しかし反面、靈授が中途半端であるのに、直傳靈氣を身に付けたと宣伝されたり、また噂がかってに伝わったりと、不本意な出来事が続いていたとき、好意的なレイキマスターの方々に「お母様が六十数年前に林忠次郎に習われた通りを忠実に再現したセミナーを開催し、修了した人には認定証を発行してはどうですか」とアドバイスを頂きました。
  今までは個人的に教えていましたが、これからはもとめる人が参加できる形にしました。
   「直傳靈氣セミナー」は日本発の初めての靈氣セミナーです。そして世界初です。